用の美を求めて | 用の美とは実用を通じて生まれる喜び。機能美や面白さではなく、実用と喜びにつながるIT活用やライフハックをまとめていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by askyou on  | 

コンビニレジ後ろに大型テレビ設置?

日経新聞11月17日

こんばんは。
今日は、ちょっと更新が遅れてしまいました^_^;
将来のセブンイレブンの雰囲気を大きく変えるかもしれない取り組みです。



【概要】
・セブン&アイ・ホールディングスは、デジタルサイネージ(電子看板)を使った情報発信を始める。
・まず大型ディスプレーをセブンイレブンとイトーヨーカ堂の12店舗に設置し、効果を見て全店への導入を検討する。
・42型ディスプレーをレジの背後の壁面に設置する。
・放送するのは、セブンイレブンやヨーカ堂のセール情報やメーカーの新商品情報、ヤフーのニュースや天気予報など。
dejitarusaine-ji


【解釈】
要約すると、セブンイレブンのレジの後ろの壁に大型ディスプレーを取り付けて、そこで広告宣伝しようというものである。

最初に考えたのが、「なんでそれで儲かるの?」ということ。初期投資はたぶん一店当たり数十万はするだろうが、この電子看板による広告効果で、どのくらい儲かるのだろうか?

たぶん、私の考えた収入源は・・・
セブンに来た顧客にヨーカ堂のセール情報を見せることでヨーカ堂への集客も行い、お互いに集客しあうことによる売上増加。そしてヤフーからの広告収入。

この2つがメインではないだろうか。このどちらも、どれだけ効果があるかはやってみなければわからないので、まだまだテスト段階といったところだろう。まだテスト段階に過ぎないものなので、全店導入の可能性は低いと思う。

今回の記事は、「こんなことを始めます!」というものではなく、「こんなテストをします」という内容なので、それほどインパクトのある内容ではなかった。

ただ、このデジタルサイネージというものは最近注目されてきているようである。よく近未来を舞台にした映画で、2050年位の街の様子を見ると、こんな電子看板が出てくる。

【お勉強】
デジタルサイネージ
屋外や店頭、交通機関など、一般家庭以外の場所においてディスプレイなどの電子的な表示機器を使って情報を発信するもの。「時間と場所を特定できる唯一のメディア」として新たな活用が始まっている。

スポンサーサイト

Category : 日経論評
Posted by askyou on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://innovationnews.blog84.fc2.com/tb.php/83-d9719f92
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。