用の美を求めて | 用の美とは実用を通じて生まれる喜び。機能美や面白さではなく、実用と喜びにつながるIT活用やライフハックをまとめていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by askyou on  | 

今、子育て「イクメン」がアツイ!

日経新聞11月4日より

おはようございます。

今日の日経では、かなりおもしろくて微笑ましい記事を見つけました!
明るい気持ちになれます♪


【概要】
育児を楽しむ若い父親たち、「イク(育)メン」がますますカッコ良くなっていている。抱っこひもやベビーカー、専用バッグなど、男性の育児専用グッズを使いこなし、オシャレに育児する父親が増えている。子の服をコーディネートし、家事にも活躍の場を広げる。妻たちも夫を子育てに参加させるため、イクメン願望をうまく利用しているようだ。

(事例1)
・勤務医の佐藤さん(30)は、自他共に認めるイクメン。どんなに多忙でも、1歳7カ月の息子と、時間の限り遊ぶ。息子の靴は13足そろえるほどこだわっている。2008年には北欧企業の抱っこひもを使う父親を対象にした「スタイリッシュパパコンテスト」でグランプリを受賞した。

(事例2) 
・ミキハウス勤務の伊集院さん(33)は、休日の午後に娘をベビーカー(振動を吸収するタイヤ付きの3輪タイプ)に乗せ、近所の川沿いを1~2時間走る。「バギーランニング」というらしい。周りから「格好いいね」「かわいいね」といわれるのがうれしいという。
bagi-rannningu



【解釈】
イクメンって頼もしい!と思った。 こんなところにも新市場ができてくるなんて、日本はますます豊かな国になっているなと実感した。

きっとこれから、新たなビジネスにつながっていくのだろう。
イクメンが増えれば、妻も喜んで夫婦仲も良くなるだろうし、子供にも様々な経験をさせられるし、父親が楽しければ、それで産む子供も増えてくるかもしれない。少子化対策にもなり、家族中も良くなる。こういうことなら、国からの支援も充実させたらどうかと思う。

他にも、工夫次第で色々波及効果はありそうだ。男性育児休暇制度を勧める企業であれば、社員のイクメンっぷりを取材して会社案内に乗せれば、福利厚生の好感度がUPしそうだ。 

多くの子会社をもつ大企業のグループであれば、全社でイクメンコンテストとかを開くのも面白そう。

とにかく明るくてほほえましい話題なので、場が和むこと請け合いだ(笑)

スポンサーサイト

Category : 日経論評
Posted by askyou on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://innovationnews.blog84.fc2.com/tb.php/69-d6a4f7d4
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。