用の美を求めて | 用の美とは実用を通じて生まれる喜び。機能美や面白さではなく、実用と喜びにつながるIT活用やライフハックをまとめていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by askyou on  | 

カタログ通販が実店舗進出!

日経新聞10月28日号

今日は、私の興味分野のネット通販に関する記事。
でも「カタログ通販」となると未知の領域である


【概要】
カタログ通販各社が、大型SC内に実店舗を構えた販売を強化してきている。
ニッセンホールディングスは、10月に初めての店舗を2点開業。
千趣会は関東地区での出店を始めた。

消費不振やネット通販の広がりによる競争激化から、カタログ通販の売り上げが減少傾向。
実際に手にとって品定めしたいというニーズにこたえるとともに、カタログ通販の新規顧客獲得を目指す。


【解釈】
カタログ通販大手が、ネットショップだけでなく実店舗を構えるというのは、新たな流れだと思う。
データからすると、ネット通販の市場規模はまだ拡大し続けているが、
カタログ通販の市場規模は減少に転じている。 
実店舗を構えるのは、それによってネット通販と店舗販売による相乗効果が見込めるからと踏んだからであろう。
「実際に手にとって品定めしたい」というニーズが大きい商品ジャンルを中心に店舗に置くのだろう。実際に、ニッセンは、女性のL~10Lサイズの大きい衣服を店舗で販売するという。

カタログ通販企業の思惑は理解できるが、大型ショッピングセンター内に陣取って、はたして周囲の店舗と差別化できるのだろうか?店舗販売の経験知識が薄いと思うので、相乗効果うんぬん以前に、店舗販売での集客ができるかが気がかりである。

スポンサーサイト

Category : 日経論評
Posted by askyou on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://innovationnews.blog84.fc2.com/tb.php/61-a1b5c309
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。