用の美を求めて | 用の美とは実用を通じて生まれる喜び。機能美や面白さではなく、実用と喜びにつながるIT活用やライフハックをまとめていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by askyou on  | 

iPhoneにグーグル製地図アプリが復活

日経新聞2012年12月14日



今日のTOPIC

『成長期にある地図アプリ』


Screenshot-Gmap: list - Opera / yuiseki


米グーグルは、アップルのiphone等を対象にした地図アプリの提供を始める。
iPhone5に標準搭載された地図はそれまでとは異なり、アップル独自開発のものだった。しかし誤表示等が多く、利用者からの批判を浴びていた。従来までのiphoneに搭載されていたグーグル製の地図アプリが強化されて復活されるようだ。

世界のスマホ普及台数は10億台超。スマホの普及と共に地図を利用する場面も増加している。地図データのの確保や更新には時間や労力、経験を要するとのことで、老舗企業や、斬新なアイデアを持つベンチャーを巻き込んだ競争が激化しそうだ。


So What?
ケータイのアプリは、アイデアと技術をレバレッジにヒットアプリを生み出せるという無限の可能性を感じさせるが、地図アプリはデータ収集・更新といった「地道で泥臭い」要素を必要とするようだ。
地図は日常から使用頻度が高く、なおかつ様々なビジネスにも応用できる。

アイデア勝負ならば、時間と共に競争は厳しくネタは出尽くしたような状態になるが、
地図のような、もともとITと縁遠そうに見えたビジネスやそのリソースを必要とするアプリであれば、
アイデアだけでなく「どれだけリアルビジネスと連携できるか」という点が成功のキモになるかもしれない。




rank2.gif


スポンサーサイト

Category : 日経論評
Posted by askyou on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://innovationnews.blog84.fc2.com/tb.php/296-acf4ae02
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。