用の美を求めて | 用の美とは実用を通じて生まれる喜び。機能美や面白さではなく、実用と喜びにつながるIT活用やライフハックをまとめていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by askyou on  | 

赤ちゃんの名前、今年の人気は

日経新聞2012年月日



今日のTOPIC

『赤ちゃんの名前、今年の人気は』


抱っこされとらちゃん! / yto


男の子は「蓮(れん)」君、女子は「結衣(ゆい)」ちゃんが人気。
明治安田生命保険は三日、今年生まれた赤ちゃんに多い名前のランキングを発表した。

女の子では上位には「心」の字が入る名前が並び、男の子では「大」「太」など広がりのある字が多く、干支の辰年にちなんで「龍」の字が入る名前もランクが急上昇した。

明治安田は「東日本大震災を機に、結びつきを大切にしてほしいという親の思いも込められていなのではないか」と分析している。




So What?
日本では漢字が使われる。漢字には1つ1つ意味がある。以前バラエティTVでアメリカ人が自分の子供に名前の付けたとき、どういう思いを込めてその名前にしたのか、というインタビューがやっていたのを思い出した。
「意味?別に意味はないさ。これが息子の名前だ。ただそれだけのことさ。」

文化の違いは様々あるが、人や物1つ1つに対して、思いを込めて意味深い名前を付けられる日本人は
豊かだと感じる。欧米人は物をハッキリさせて伝えることに長けて他者とうまく連携する民族だと思うが、日本人は言葉にならない思いを普段から巧みに活用している温もりのある民族だと改めて思う。





rank2.gif


スポンサーサイト

Category : 日経論評
Posted by askyou on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://innovationnews.blog84.fc2.com/tb.php/294-c12c03ad
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。