用の美を求めて | 用の美とは実用を通じて生まれる喜び。機能美や面白さではなく、実用と喜びにつながるIT活用やライフハックをまとめていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by askyou on  | 

「マルちゃん正麺」が家庭と市場を湧かしている

日経新聞2012年11月30日



今日のTOPIC

『即席袋めん、市場が沸騰』

marucyann



即席袋めん市場が活気づいている。
カップめんの広がりに押されて即席袋めん市場は縮小し続けていたが、生めんに近い触感を出した東洋水産の「マルちゃん正麺」が高めの価格にも関わらずヒットし、即席袋めんの市場規模が5年前の水準まで戻りそうだ。


ヒットの理由は、これまでにない食感を生んだことだ。
即席めんは、「蒸した麺を油で揚げる」又は「蒸した麺を上げずに乾かす」製法で作られ5食入り約200~250円だが、
正麺は、「蒸さずに乾燥」させて生めんのような仕上がりとしており、5食入り約500円。
東洋水産社長によると「食にこだわりを持つ中年以上の人が購入している」とのことである。
日本総研の小方尚子主任研究員は「消費者は全体として価格志向だが、価値に見合った価格なら受け入れる人も多い。内食志向が重なり、食品や日用品で小さな贅沢商品が増えている」という。



ライバル各社も「マルちゃん正麺」のヒットに続いて同様の製品を売り出している。




So What?
この記事の社長のコメント「食にこだわりを持つ中年以上が購入」を見て、私自身の即席袋めんに対する印象・先入観に気付くこととなった。
良く学生時代に時間とお金の節約の為に時々5食200円くらいの即席袋めんを買い、何も具を足さずに茹でてすぐ食べるという、どんぶりを出してから洗ってしまうまでが5分、といった食べ方をしていたことがある。
そのため、即席袋めんは「味はあまり期待できない安いもの」とチープでネガティブなイメージを持っていた。

しかし、「こだわりを持つ中年・・・」と見て、自身の子供時代に母親が袋めんをゆで、同時にゆでた野菜を盛りつけ、漬物とともに立派な食事としてだし、家族みんなで食べていたことを思い出す。それはもちろんチープな空気などなく、いつもとなんら変わらない食事の風景である。

このマルちゃん正麺を購入する「こだわりをもつ中年」というのも、おそらく学生感覚でただ安いものを求める消費者ではなく、「それなりに安くできる食事だけどいつもよりちょっぴりいいモノを」と思う中年女性なのではないかという気がした。
写真のように昔ながらの雰囲気を醸し出すマルちゃん正麺が、中年主婦の心をつかんで市場を沸かせているようだ。


rank2.gif


スポンサーサイト

Category : 日経論評
Posted by askyou on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://innovationnews.blog84.fc2.com/tb.php/289-06f1ef4d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。