用の美を求めて | 用の美とは実用を通じて生まれる喜び。機能美や面白さではなく、実用と喜びにつながるIT活用やライフハックをまとめていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by askyou on  | 

山中教授一番弟子からの言葉

日経新聞2012年12月9日



今日のTOPIC

『山中教授の一番弟子からの言葉』


http://youtu.be/PkR7ONUM-Bs



「山中先生は唯一最高の指導教官」
ノーベル賞受賞記念講演から一夜明けた8日、山中伸弥教授の一番弟子といわれる兄弟教授の高橋和利教授は日本人記者団に対して気持ちを吐露した。
高橋氏は12年前山中研究室の1期生として
山中教授とiPs細胞の開発に携わった。
受賞決定後は「先生は12年前と変わらず接してくれている」という。
高橋氏はiPS細胞が見つかった時の研究論文について、

「僕は研究論文を出すだけで満足だったが、山中先生は患者に役立てようと考えていた。そこが僕と先生な基本的な違い」と振り返る。





rank2.gif


スポンサーサイト

Category : 日経論評
Posted by askyou on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://innovationnews.blog84.fc2.com/tb.php/288-6dc7248d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。