用の美を求めて | 用の美とは実用を通じて生まれる喜び。機能美や面白さではなく、実用と喜びにつながるIT活用やライフハックをまとめていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by askyou on  | 

東電のスマートメーター仕様案に一石を投じる

日経新聞2012年6月10日



今日のTOPIC



<背景>
・原発事故をキッカケに、政府は太陽光・風力などの再生可能エネルギーの普及を急いでいる。

・だが自然エネルギーは天候に左右されやすいため、需要-供給バランスをより細かく把握する必要性がある。

・そこで電力の効率利用の為にスマートメーター導入(家庭へ設置)が計画されている。

・スマートメーターには通信機能が備わっており、電力使用の需給バランスを把握しやすくなる。


<議論>
・『東電のスマートメーター仕様案』では、TCP/IP規格でなく、電力使用状況のデータ送信も30分間隔。

・東電仕様の「30分ごとにデータ送信」に対して、細かいデータ把握が欠かせないのに「それでは不十分では?1分ごとにすべきでは?」という意見が挙がっている。

・東電のように他社と異なる独自仕様を採用すれば、地域独占しやすくなるという面があるが、
スマートグリッドを実現する上で、仕様の統一化(例えばTCP/IP規格を採用するなど)は大前提という声もある。

<論点>
・東電が(従来通り)地域独占をにらんだ方向性で行くのか、それともスマードグリッドの考え方に則りつつ、新たな方向性を見いだすか。




rank2.gif
スポンサーサイト

Category : 日経論評
Posted by askyou on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://innovationnews.blog84.fc2.com/tb.php/274-2a9d356b
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。