用の美を求めて | 用の美とは実用を通じて生まれる喜び。機能美や面白さではなく、実用と喜びにつながるIT活用やライフハックをまとめていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by askyou on  | 

セブンイレブンが給食事業参入

日経新聞2011年10月27日



=今日のお題=
セブン-イレブン・ジャパンは子会社を通じて来春にも学校給食に参入する。
生徒数が少ないなどで給食制度がない小中学校向けにグループの契約工場で作った給食を提供。

→どうやって利益を出す予定なのか?




--Think!--

⇒既存弁当製造コストのスケールメリットを活かしてコスト削減することでわずかな利益をだす。又は給食事業単独ではなく会社全体として相乗効果を出したうえで利益を出す。

「生徒数が少ないなどで給食制度がない小中学校」というと、地方のコンビニ等の少ない地域にある学校がすぐに思い浮かぶ。そういったところに給食を運ぶのであれば、運送コストが高く普通では給食配達は難しそうだ。
「グループの契約工場で作った給食」とあるが、もしかするとすでに宅配弁当事業などで作られている弁当の生産量を増やして、それをそのまま個別パッケージにして届けるのかもしれない。そうなると、スケールメリットにより製造コストが低く抑えられる。
また、給食事業単独で利益を出すといううよりも、他の事業と組み合わせることで何らかのメリットが出てくるのかもしれない。



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Category : 日経論評
Posted by askyou on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://innovationnews.blog84.fc2.com/tb.php/255-ceb9ec32
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。