用の美を求めて | 用の美とは実用を通じて生まれる喜び。機能美や面白さではなく、実用と喜びにつながるIT活用やライフハックをまとめていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by askyou on  | 

震災特需になりえる商品サービスは何か


参考:2011年9月1日 読売新聞



今日のお題
9月1日の「防災の日」に合わせ、総合スーパーや百貨店が、特設コーナーなどで防災グッズの販売に力を入れている。
東日本大震災の影響もあり、今年は関連商品への関心が高く、売れ行きも伸びている。

イオンは、例年より早く8月10日から全国420店に防災用品売り場を設け、例年の約2倍の280品目をそろえた。防災用品の売り上げは、東北や関東地方では昨年の10倍を超え、全国平均でも8倍程度になっているという。

日本橋三越本店では、震災以降、コメやチョコレートなど、比較的保存がきく食品の売り上げが、昨年の2倍以上になっている。キャンプ用のLEDライトやリュックサックも人気だ。

西武池袋本店は、防災用品売り場を6月に常設した。乾パンなどをまとめ買いする人が多い。8月31日には特設コーナーも設け、手回しで発電できるライトや、長期間備蓄できる飲料など約1000品目をそろえた。


→乾パンやライトは震災特需としてイメージしやすい。では直接はイメージしにくいが、PRの仕方によっては特需に乗ることができる商品・サービスにはどんなものが考えられるか?




Think!
・道具や場所が関係なく活かせるスキルの習得講座
→大津波に家やものが全て流され、「ものはなくなってしまえばそれで終わり。自分自身の力や人とのつながりをどれだけ持っているかが大事」と感じた人は多いはず。ものがなくなって身一つになった時でも役に立つようなスキルを身につけておきたいと考える人もいたはず。


ビジネスブログ100選










スポンサーサイト

Category : 日経論評
Posted by askyou on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://innovationnews.blog84.fc2.com/tb.php/247-550addc3
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。