用の美を求めて | 用の美とは実用を通じて生まれる喜び。機能美や面白さではなく、実用と喜びにつながるIT活用やライフハックをまとめていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by askyou on  | 

セイブツタヨウセイジョウヤクダイジュッカイテイヤクコクカイギ

日経新聞10月30日
【概要】
COP10(生物多様性条約第10回締約国会議)は最大の焦点だった「名古屋議定書」で合意した。

名古屋議定書は、生物資源の利用と原産国への利益配分を定めた初のルールだ。ただ、利益の配分に関しては過去のものまでさかのぼって途上国に利益配分しようとすると影響が大きく複雑になるため、議定書発効後のみ有効になる。

今後、微生物を働きを利用した伊y卓品などの製品開発費を押し上げる要因になる。
また、各国で向上の立地や大規模開発などの際に、従来以上に生態系への配慮が求められることになる。


【解釈】
環境問題に関する目標を定めた京都議定書が企業活動に大きな影響を与えたのと同じように、名古屋議定書も今後様々な場面で影響を与えていくと思う。排出権取引ビジネスが生まれたように、新たなビジネスも生むかもしれない。



以上。
==================================
 他にもブログを探していたら → ビジネスブログ100選  人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

Category : 日経論評
Posted by askyou on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://innovationnews.blog84.fc2.com/tb.php/194-f2a5371c
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。