用の美を求めて | 用の美とは実用を通じて生まれる喜び。機能美や面白さではなく、実用と喜びにつながるIT活用やライフハックをまとめていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by askyou on  | 

大学卒業は年4回がいいか?

日経新聞3月29日


【概要】
ボストンコンサルティンググループ日本代表の御立尚資氏は、大学卒業について次のように話す。

「最近は9月に卒業できる大学も増えていますが、いっそ、すべての大学が卒業時期を3月、6月、9月、12月の年4回にすればよいのです。そして企業もそれに合わせて新卒採用を年4回にする。」

その理由は「大卒の就職難を改善できるから」


【解釈】
記事のほんの一部を取り上げたが、卒業時期を年4回にすることで得られるメリットは、就職難の改善の他に何が考えられるか?
企業側も年4回の新卒採用を行うとなると、年に回に比べて当然忙しくなる。しかし、その分新卒採用専門のチームが生まれることになり、そのチームは一年中新卒採用のことを考えていることになる。となると、当然その業務のPDCAサイクルも速く回せることになり、より質の高い(=学生をよく見極められるようになる)採用が行えるようになるのではないだろうか?


【疑問】
・就職時期年4回へのハードルは非常に高く、実現可能性は必ずしも高くないように思える。何が抵抗要因になりえるか?
・就職時期が年4回になったとして、学生の就職活動はそのように変わるか?

スポンサーサイト

Category : 日経論評
Posted by askyou on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://innovationnews.blog84.fc2.com/tb.php/165-38c23f50
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。