用の美を求めて | 用の美とは実用を通じて生まれる喜び。機能美や面白さではなく、実用と喜びにつながるIT活用やライフハックをまとめていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by askyou on  | 

光回線が速さ1000倍になると、何が起こるか?

参考:日経新聞2010年12月5日



今日のお題
情報通信研究機構とNTTなど民間8社は共同で、家庭向けネット回線の通信容量を1000倍に増やせる技術を開発した。ハイビジョンの4倍高精細な超高画質ホームシアターや遠隔医療の普及に不可欠な技術として、2020年ごろの実用化を目指す。

→光回線が1000倍速くなったら、ネットビジネスにはどんな影響があると考えられるか?




私の考え
いろいろあると思うが、消費者レベルで考えると、家庭でのデスクトップPCと、携帯端末(スマートフォンやipadなど)との使い分けがより明確になり、全く違うものとして浸透されるかもしれない。
現状、デスクトップPCからネットサービスを利用するのと、iphone等の高速通信を使用したのでは、そこまで決定的な差はないと思う。
だが、光回線速度が1000倍ともなれば、それに合わせて企業が提供するサービスのデータボリュームも莫大になり、とうてい無回線の移動端末にできることとの差が大きくなる。
そうなると、家で使うネットとケータイ端末で使うネットとの使い分けがより明確になり、「とにかくデータ通信料をくうもの」と「移動端末だからこそできること(GPSなど)」にネットサービス内容が2分されていくと思う。


ビジネスブログ100選

スポンサーサイト
Category : 日経論評
Posted by askyou on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。