用の美を求めて | 用の美とは実用を通じて生まれる喜び。機能美や面白さではなく、実用と喜びにつながるIT活用やライフハックをまとめていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by askyou on  | 

バイオ医薬品

日経新聞4月17日 

最近、日経の日付と更新日が1週間くらいずれています。
それは研修で4月いっぱい大阪に来ており、平日の朝に書き溜めたものを
土日にまとめて予約記事投稿しているからです。

研修中の住所でネットができないため、ネットカフェで更新中♪
最近お気に入りの福山雅治「Beautiful days」を聞きながら書いてます
http://www.youtube.com/watch?v=NAutljxz1gg

やはり会社に入ると朝はあまり時間が取れなくて、学生のときよりも
内容が薄くなっていると思いますが、最低限は「更新」し続け、
その中でクオリティーをあげていこうと思います!!

がんばれ、俺!(笑)    



【概要】
医療機器大手の二プロは、バイオ医薬品の生産受託事業に本格参入する。製薬各社は、バイオ医薬品の製品化を急いでいるが、専用の製造設備を持つ企業が少ないことから、受注機会が増えると判断した。
バイオ医薬品は人間のたんぱく質や遺伝子の働きを生かして作る。免疫などの生体能力を利用するため、従来型の医薬品と比べて副作用が少ないとされる。

スポンサーサイト
Category : 日経論評
Posted by askyou on  | 0 comments  0 trackback

プレミアム通貨「セント」

日経新聞4月16日 

【概要】
近畿日本ツーリストと奈良市の町おこし会社、地域活性局が提携し、地域通貨「セント」を発行した。「セント」は、先着1万人に対し、1枚550円で販売し、1000円分として仕えるもので、伝統的な町家が立ち並ぶ「奈良町」の飲食店など80店舗で使える。




以上。
==================================
 他にもブログを探していたら → ビジネスブログ100選  人気ブログランキングへ

Category : 日経論評
Posted by askyou on  | 0 comments  0 trackback

3D対応のノートPCを発表

日経新聞4月15日  

【概要】
台湾のパソコン大手アスースは、3次元映像に対応したノートPCを発売すると発表した。専用のメガネをかけると映像が立体的に見える。他社に先行して需要を取り込み、日本市場でのシェア拡大につなげる。


【解釈】
最近ホットな3Dの話題だが、ついにPCでも出るのかという感じだ。価格が20万位するそうだが、おそらく飛びつくユーザーは、マニアック系の人たちが中心だと思う。ゲームや、映像を楽しむことを追求するような客層である。

ただ、目に悪そうな感じがする。


以上。
==================================
 他にもブログを探していたら → ビジネスブログ100選  人気ブログランキングへ

Category : 日経論評
Posted by askyou on  | 0 comments  0 trackback

業務ソフトで健康管理も


日経新聞4月14日
 

【概要】
顧客情報管理のパイプドビッツは21日、ネット経由で業務用ソフトを提供する自社サービスに、健康管理のメニューを追加する。社員が仕事量や睡眠などに関する質問に答えていくと自分の心の健康状態がわかる仕組み。


以上。
==================================
 他にもブログを探していたら → ビジネスブログ100選  人気ブログランキングへ

Category : 日経論評
Posted by askyou on  | 0 comments  0 trackback

LED照明の明るさ基準統一

日経新聞4月13日 

【概要】
国内の照明メーカーは、省エネ照明として人気の発光ダイオード(LED)の明るさの表示基準を統一する方針を固めた。現状は、メーカーごとに異なっており、消費者から分かりにくいという不満が寄せられているという。


【予備知識】
現在は、白熱電球の明るさに換算する「40型相当」「60型相当」という表示や、光の単位「ルーメン」、消費電力の「ワット」などの表示手法が混在している。
LEDは白熱灯や蛍光灯などに比べ、光が拡散しにくい。

【解釈】
LEDもモノによって明るさが違うようだが、考えてみれば、1流メーカのものと、100円ショップで売られているものが同じとは考えづらい。確かに質は違う気がする。LED市場は、できたばかりで、まだまだ混沌としているのだろう。
 今まで、明るさの表示手法が混在していたことで、各メーカーは、自分たちに少しでも都合のいいような表示方法を使っていたと思う。 




以上。
==================================
 他にもブログを探していたら → ビジネスブログ100選  人気ブログランキングへ

Category : 日経論評
Posted by askyou on  | 0 comments  0 trackback

北海道か東北にクラウド特区

日経新聞4月10日

【概要】
総務省は、クラウドコンピューティングの普及に向け、2011年春にも北海道か東北に特区を創設する。特区には国内最大級のデータセンターの構築を目指し、国内外の事業者を誘致する。最大でサーバー約10万台分のデータセンター構築を想定。
巨大な施設になるため、冷却に必要なエネルギーを節約できる北海道か東北を候補地にする。


【解釈】
クラウドという最先端の話題にもかかわらず「冷却に使うエネルギーを節約するために気温の低い地域を選ぶ」というアナログな部分がある事は面白いと思った。
クラウドの普及も含めて、今後更なるIT化が進むと、それだけサーバーの数も増える。そのサーバーをまとめて安置する場所がデータセンターで、その巨大な安置場所を、「特区」として新たに作ろうというものだと思う。



以上。
==================================
 他にもブログを探していたら → ビジネスブログ100選  人気ブログランキングへ

Category : 日経論評
Posted by askyou on  | 0 comments  0 trackback

完全養殖でうなぎがやすく食べられる?

日経新聞4月9日



【概要】
人工孵化させたうなぎから卵を取り出して2台目を作る「完全養殖」に世界で初めて成功したと発表した。



以上。
==================================
 他にもブログを探していたら → ビジネスブログ100選  人気ブログランキングへ

Category : 日経論評
Posted by askyou on  | 0 comments  0 trackback

高齢者向けのPCサポートギフトカード

日経新聞4月8日


【概要】
NTT西日本は、4月中旬から、電話と遠隔操作でパソコンの使い方を指導する「リモートサポート」(リモサポ)をギフトカードとして発売する。高齢者に対して、子や孫からのプレゼントとして利用してもらうほか、自分で購入しても使用できる。カードにある電話番号に欠けて登録するとつかえる。1枚8500円で、年間で何回も利用できる。


【解釈】
NTTのリモートサポートサービスを、カードという具体的な「モノ」にして持ってもらうことで、高齢者などの層へのサポート機会を増やすものだと思う。正確には分からないが、従来のリモートサポートは、月額500円くらいだったと思うので、年間約6000円になるかと思う。それが、カードとして8500円になるので多少は高くなる計算。
ただ、1枚8500円もするサポートサービスが多く利用されるようにはあまり思えない。まさに何かの家族イベントの際や、PCを買ったときの、ついで買いで高齢者にプレゼントするという、レアケースでしか使われない気がする。
カード化の一番のメリットは、「モノ」をつくることで、「NTT」の字を目にする機会を増やし、「何かあったらこのNTTのサービスに聞いてみよう」という依存感を高めることだと思う。



以上。
==================================
 他にもブログを探していたら → ビジネスブログ100選  人気ブログランキングへ

Category : 日経論評
Posted by askyou on  | 0 comments  0 trackback

大型リチウムイオン電池

日経新聞4月7日

【概要】
蓄電池製造のベンチャー企業、「エリーパワー」は川崎市内で大型リチウムイオン電池の量産工業を稼動した。6月から自治体向けの非重要電源システムとして販売する。将来は、次世代送電網(スマートグリッド)の中の住宅用蓄電池部材としての需要を見込む。



【解釈】
電池ビジネスと聞くと、まず初めに、新興国での電池ビジネスを想起した。
IT分野での技術の進歩のスピードはとにかく速い。それは、常に2歩先3歩先を見越した企業活動が求められるし、多くの会社にそのチャンス・可能性があると思う。






以上。
==================================
 他にもブログを探していたら → ビジネスブログ100選  人気ブログランキングへ

Category : 日経論評
Posted by askyou on  | 0 comments  0 trackback

I Padとゲーム会社

日経新聞4月6日

【概要】
バンダイやセガなどの国内ゲーム大手が、3日に発売されたアップルの「I Pad」にゲームソフトを配信する。家庭用ゲーム機で人気を集めているタイトルが中心。
価格帯は200~1200円。


【解釈】
ゲーム機は、「ゲーム機本体」というものがあって、それに各社がソフトを開発・販売
することで、各社利益を出していくというものであった。その意味では、Ipadもゲーム機本体とあまり変わらず、ゲームをするためのプラットフォームといえる。

今回は、さまざまな使い方がある「iPad」にたいして、ゲーム各社が目をつけて、「ここにソフトを配信すれば儲かる」と考えてこういうことになったと思うが、使い道が自由に選べるもの・拡張性が高い商品は、多くの可能性を持っていると思うし、工夫のしがいがあると思う。その反面、工夫しなければ何も始まらないという難しさもあると思う。




以上。
==================================
 他にもブログを探していたら → ビジネスブログ100選  人気ブログランキングへ

Category : 日経論評
Posted by askyou on  | 0 comments  0 trackback

今年の新入社員のタイプはETC

日経新聞4月5日


【概要】
日本生産性本部は、今年の新入社員はどんなタイプか?を毎年、調査・発表している。今年の新入社員のタイプは「ETC型」で、「人と直接会話する機会は足りないが、ITの活用には長けている。」とのこと。
また、新入社員に期待するものとして、その一番が「積極性」第二に「学びの姿勢」だった。
新入社員への印象として、第一位が「打たれ弱い」「あまり物事を知らない」だった。

【解釈】
どのように調査しているのか気になるが、ユーモアのある調査である。
個人的には、「打たれ弱い」という項目にドキッとした。他人から見たら自分は打たれ弱そうなので(笑)
ただ、これを知っているだけでも、「じゃあこう意識するようにしよう」と考えることができるので、自分にとってプラスになったと思う。



以上。
==================================
 他にもブログを探していたら → ビジネスブログ100選  人気ブログランキングへ

Category : 日経論評
Posted by askyou on  | 0 comments  0 trackback

なぜ日本のマックは店を1割も閉鎖するのか?

日経新聞4月4日

【概要】
外食最大手の日本マクドナルドは、今年、全店の1割に当たる433店を閉鎖する。09年12月期は、6年連続で全店売上高が増え、01年上場以来、最高の経常利益を達成している。


【解釈】
以前にも、日経でマックが店舗を1割閉鎖するという記事があり、そのことも以前のブログに書いていた気がする。
マックは今、非常に好調である。その中で、なぜ1割もの店舗を閉鎖するのか?一般的に、店舗を閉鎖すると聞くと、採算が悪いからとか、経営状態が思わしくないからという理由が思い浮かぶ。今回も、そういう理由もあるだろうが、それ以上に大きな目的は、「脱皮」にあると思う。
閉鎖の理由を一言で言うと、「好調(=財務的に健全)の今、脱皮する体力があるから」だと思う。閉鎖する対象店舗は、小規模であったり、売り上げ効率が悪かったり、設備不足で全メニューが提供できなかったりするそうである。そのような「理想とは大きく異なる店舗」を閉鎖することで、マック全店としてのクオリティーを上げることが目的だと思う。もちろん、クオリティーを上げるといっても、もちろん「利益につながる」という要素が第一だろう。


【疑問】
1割に当たる433店舗も閉鎖するのは、紙面で読む以上に、とにかく大規模な取り組みである。これだけ大きな取り組みをすると、予想以上に多くのコストがかかると思うが、それはだいたい何億円くらいかかるのか?
好調時に、期待できない1割(10%)の店舗を閉鎖するのは理解できたが、では、なぜ5%でも20%でもなく、10%なのか?それは財務的に受け入れられるダメージを考えての数値なのか?それとも10%も閉鎖すれば、全店としてのクオリティーや顧客満足度は十分上がるという考えなのか?





以上。
==================================
 他にもブログを探していたら → ビジネスブログ100選  人気ブログランキングへ

Category : 日経論評
Posted by askyou on  | 0 comments  0 trackback

携帯電話業界で大変化が起こるらしい

日経新聞4月3日

【概要】
総務省の副大臣が、ケータイに関するある「制限」の解除をドコモなどのケータイ各社に要請することを明らかにした。その「制限」とは、「SIMロック」というもので、「ケータイ端末を特定の通信会社でしか使えないようにしている制限」である。例えばauで買ったauケータイ端末は、auの通信契約でしか使用できないということである。日本では当たり前のことだが、海外ではこの制限がないところもあるようだ。

この制限を解除することで、利用者は容易に通信会社や端末を変更することができるようになる。そうなると、通信各社の競争はさらに激化し、通信料金の引き下げにもつながりそうだ。


【予備知識】
SIMロック
ケータイ端末には、電話番号などの利用者の情報が書き込まれたSIMというICカードが入っている。本来は、このSIMカードを他のケータイ端末に差し替えるだけで、他の通信会社の端末であっても使用できるものだが、日本国内では、それができないような設定をしている。それが「SIMロック」というものである。


【解釈】
私達消費者の視点で見れば、メリットだらけのように思える。なぜならば、「めんどくさい手続きなしで、他社ケータイに乗り換えられる」し、「ケータイ端末は今までで、料金プランなどを他社契約に移れる」し、もしかしたら「通信料金も安くなる」からである。ただ、一つ思い当たる課題としては、通信契約の会社を変えたら、それに伴うサービス内容も変わり、そのサービス内容と端末のスペックが合うだろうか?ということだ。その辺の微妙なズレが生じるのか、生じないのか知りたいところだ。


【疑問】
今まではSIMロックがされていたのに、なぜ今、SIMロック解除が実現されようとしているのか?その背景には何があるか?
SIMロック解除が実現すると、どのような新犯罪が起こる可能性がでてくるか?
SIMロック解除が日本で実現する場合、そこでどんなビジネスチャンスが生まれそうか?




以上。
==================================
 他にもブログを探していたら → ビジネスブログ100選  人気ブログランキングへ

Category : 日経論評
Posted by askyou on  | 0 comments  0 trackback

ユニクロがモスクワ進出

日経新聞4月2日


【概要】
ユニクロは、3年以内にモスクワ市内で10店舗を出店する方針を明らかにした。ユニクロの第一号店を中心部のショッピングセンターに開き、専攻する「H&M」などを追撃する。モスクワはグローバルな大都市で、世界一のアパレル企業という目標に向けて、大事な礎となると語った。


【解釈】
一言でまとめますと、ユニクロの海外進出が着々と進んでいるという内容である。
ユニクロというと、日本人にとっては、まだ「安かろう悪かろう」というイメージを持っている人が多いと思うが、外国人からしたら、ねだんの割には品質もいいし、CMの内容も最近のはオシャレな感じで、結構評価が高いらしい。
日本で、10年くらい前にフリースが大ヒットしたが、それよりも前やっていたCMを覚えている人ってかなり少ないと思います。それは、50~60代くらいの主婦がレジの前に立って、この前買ったこの服サイズが違うから変えて~といって、レジの前で脱ぎだすという今では信じられないCMをやっていました。
そのときのユニクロに比べたら、現在のユニクロは、どんどん海外進出するまで成長しているし、企業イメージががらっと変わることができた成功企業だと思います。このような今成功している企業を調べるということは、結構面白いことかなと思います。




以上。
==================================
 他にもブログを探していたら → ビジネスブログ100選  人気ブログランキングへ

Category : 日経論評
Posted by askyou on  | 0 comments  0 trackback

日中でネット通販連携

日経新聞4月1日



【概要】
インターネット通信販売で、日中の大手が連携する。国内2位のヤフーは、中国最大手のタオバイと、国内首位に楽天は中国検索大手の百度(バイドゥ)と組む。日本から中国の、中国から日本の商品を通販で購入できるようにする。

中国人観光客に人気のある日本のデジタル家電やブランド物が売れすぎになりそうだ。

ただ、消費者保護や、配送に関して、課題は残る。


【解釈】
ネット通販は世界中を相手にビジネスを行えるというものだが、現状、それができる事業者は、外国語に巧みな一部の事業者に限られていたのではないかと思う。
それが、大手サイトの連携によって(言語は自動翻訳されるそうである)、小規模な事業者でも世界に対してビジネスがしやすくなる。これは大きな一歩だろう。
今後、中国との連携が一息ついた頃には、さらに世界中との連携が予想できる。

私も、通販分野には特に興味があり、いつか、自分又は自分たちでビジネスを行いたいと考えている。
個人的な感想としては、なりたい自分になっていくためにも、とりあえずは今日の入社式を気持ちよく済ませ、いい社会人スタートを切っていろいろ学んでいきたいと思う。

今年度もよろしくお願いいたします!






以上。
==================================
 他にもブログを探していたら → ビジネスブログ100選  

Category : 日経論評
Posted by askyou on  | 0 comments  0 trackback

I Phoneを1700台購入した大学

日経新聞3月30日


ただいま入社後一ヵ月間の全体研修を前に、大阪に来ています。
ここでもしっかり更新し、社会人として、日経をしっかり読んでいきたいと思います!

【概要】.
誰が、何を、どうした? 目的などは?)
横浜商科大学は、ソフトバンクからアップル社の携帯電話「I Phone」を1700台購入し、教職員や学生に無償で貸与する。
目的は、授業や出席管理など使う。また、ソフトバンクのe-Lerningシステムを活用して授業の資料を配布。学生は通学途中などでも講義の予習復習ができることになる。

【解釈】
横浜商科大は、これで情報環境が優れていることをアピールするそうだが、これだけユニークなことをすれば、印象にも残りやすいと思うので、多くの高校生は、単純に魅力を感じてコロッと志望大学をここに変えるかもしれない。こういう意味では、大学側の意図(学生獲得だとすると)はとりあえずは成功するのではないかと思う。

ただ、導入後も問題はいくつもあると思う。出席管理といっても、友達が変わりに出席の返事を出すいわゆる「代返」がよりやりやすくなりそうだし、資料が届くなら授業に出る意欲が少し下がるのではないかとも思う。


以上。
==================================
 他にもブログを探していたら → ビジネスブログ100選  

Category : 日経論評
Posted by askyou on  | 0 comments  0 trackback

デルのパソコン事業、撤退せず。というか「撤退」??

日経新聞3月27日



【概要】

米デルCEOのマイケルデル氏は、ソリューション事業に力を入れる一方、収益性やシェアの低下が目立つパソコン事業について撤退しないとの考えを明らかにした。

私たち消費者にとって、デルはPCの直販で有名である。だが、そのPC事業は収益性が低く、一部のアナリストからは撤退がささやかれていた。

デルの事業は、ハードからサービスへ、サービスからソリューションへと重点を移し、違う会社へと変わってきている。従業員10万人の内、4万2千人がサービス業務に従事しているし、デル利益の大部分はサーバー、ストレージ、サービス(3つのS)から生まれている。


【解釈】
私デルユーザーとしても、PC事業があまり利益を生んでいないというのは驚きだった。
とはいえ、黒字事業ではあるが、その規模が縮小してきているということだろう。PC事業に携わる従業員もそれほど多くないのかもしれないが、むしろそれは、いいことだと思う。つまり、事業が成熟してきていて、多くの労力を必要とせずに安定的に(縮小はするものの)利益を生む状態にあるということだろう。

これは経営戦略で、各事業への資源配分を考える上で役立つフレームワーク「PPM(プロダクトポートフォリオマネジメント)」に当てはめれば分かりやすい。PC事業は「金のなる木」の象限にあることを意味する。その利益は少ないながらも、そこで得たキャッシュによって、ソリューション事業などでの積極投資を可能にしていると考えられる。

だからこそ、PC事業は撤退しないのだと思う。



余談だが、新聞に載っていたマイケルデル氏の顔が、以前よりかなりやせて年取ってるように感じた^_^;




以上。
==================================
 他にもブログを探していたら → ビジネスブログ100選  人気ブログランキングへ

Category : 日経論評
Posted by askyou on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。